ホテル・旅館のコンサルタント「プライムコンセプト 九州支社」を支える熱くて敏感な人々

観光・サービス

こんな会社が別府にあるなんて!?「別府でJOBJOB」は、学生目線で地元企業の仕事や経営者・社員の魅力、就職情報を探り出し紹介する企画です。さあ別府で働こう!


第14回目の別府でJOBJOBは『プライムコンセプト』さん。ホテル・旅館のコンサルティングやWEBマーケティングを行う会社で、東京・福岡に本社があり、日本各地に支店を持っています。

今回お邪魔したのは、別府のアライアンスタワーZにオフィスを構える九州支店。お話を伺ったのは、九州支店長の松本俊介さんと、新入社員の阿部梨奈さん。お二方とも別府生まれ別府育ちです。


(写真左:阿部さん、写真右:松本さん)

 

コンサルティング、マーケティングとは?

竹村「コンサルティングやマーケティングはすごく難しいイメージがあるのですが、基本的にどういう流れでお仕事をしているんですか?」

松本さん「基本的にはデスクワークです。資料を作ったり、取引先である旅館やホテルがWEBに掲載するための説明文を作ったりします。ホテルや旅館によって、プランから文章などすべてご自身で作成される方もいれば、こちらで構想などイチから練る場合もあり、それぞれ対応が違うんです」

竹村「お客さんによってやることを柔軟に変えるのですね!こだわりとかも違うでしょうし、みんながみんな同じではないですよね」。

松本さん「宿泊プランを作るにしても、作ったプランの効果検証をフィードバックしなければ、ただやるだけになってしまいます。大切なのは結果を次に生かすことですから、反応が悪い時はどうして悪かったのかを検討し、それを旅館やホテルの方に伝えます」。

竹村「なるほど!そういった裏側があるのは初めて知りました!プランも改良を重ねて作られているんですね」。

松本さん「写真の撮り方や部屋の名前にも流行があるので、時代の流れを都度取り入れつつプランを作っています」。

宿泊サイトは写真の見せ方が予約の大きな分かれ目!

竹村「そういう流行もあるんですか!言われてみれば確かに、昔の旅館の写真と今のとでは違うような……」。

どうしたらより伝わるか?プランを作っていく上での工夫やポイントなど、普通では気づかない点に配慮しているというのは、今まで知りませんでした。

 

時の流れに敏感になるとは?

竹村「時代の流れに対応する為に、他にはどういった取り組みをされているのですか?」

松本さん「作成したプランが受けて繁盛している取引先の旅館さんなどが、『お客さんは来るけど、従業員の人が足りずに対応できない』という声がありました。そこで対応策として立ち上げたのが、旅館やホテルなどの従業員の方専門の求人サイト(※1)です」。

竹村「人が来すぎて足りないということは、プライムコンセプトさんのコンサルティングが上手くいっている証拠ですよね!お客さんからの要望で求人サイトを作ってしまうなんて、会社がとても柔軟な考え方をしてるんだなあと感じます」。

別府愛溢れる松本さんのお話では、「もっと別府を盛り上げたい!観光業全体を盛り上げたい!」という思いがたくさん伝わってきて、聞いていてとてもワクワクしました。こういう熱い思いを持った人と働くのも、かなり面白そうだと思いました。

新入社員さんに聞く!働く事とは?

続いて、お話を伺ったのは新入社員の阿部さん。別府鶴見丘高校を卒業後、 大分県立芸術文化短期大学を卒業し『プライムコンセプト九州支社』に入社した、生粋の別府人です!

竹村「学生と立場が近い、新入社員の阿部さんに伺いたいのですが、働き始めて感じたことを教えてもらいたいです!」

阿部さん「自分が学生時代に思っていた以上に、仕事に対する責任が重いというのを感じました。自分がミスをしてしまうとたくさんの所に迷惑をかけてしまうので、働くことの大変さを実感しています」。

竹村「私は来年から新入社員になるんですが、阿部さんのお話を聞いていたら心配になってきました(^-^; やっぱり、学生時代に思っていた仕事に対するイメージとのギャップがありますよね?」

阿部さん「でも、この職場は女性が多くてみなさん優しい人ばかりなので、とても働きやすいです!」

松本さん「女性が多いので産休も取りやすく、みんなで助け合いながらやっていますよ。九州支社は勤務しているのが7人、そのうち女性が6人、ひとりが産休中です。20代ふたり、30代4人、40代は私だけですね。会社全体をみても、平均年齢は20代後半くらいです。別府はもちろん大分市の人、Uターンしてこちらに住み働いている人もいます」。

竹村「いろいろな人がいるんですね。すごく雰囲気も良くて、働きやすそうです!産休が取りやすいのはとても魅力的ですね。ちなみに、憧れの先輩とかはいらっしゃいますか?」

阿部さん「今教育係をしてくれている先輩です。何かに悩んでいたら気付いて助けてくれる、とても頼りになる先輩です」。

竹村「教育係の先輩だと、怒られすぎて苦手になっちゃいそうなのですが、頼りになる先輩が身近にいるのはとても心強いですね!」

憧れの先輩のお話をする阿部さんはとてもイキイキとしていました。初めての職場で不安だらけの中で、素敵な先輩と出会えた喜びが伝わってくるようです。松本さんと阿部さんのやり取りを見ても仲がいい様子がわかり、とても面白かったです。

企業が求める人材とは?

竹村「ちなみに、『プライムコンセプト』さんでは、どのような人材を求めているのでしょうか?」

松本さん「旅好きな方、地域活性に貢献したい方などがいいですね。特別にWEBに詳しいとか、マーケティングに強いとか、そういった能力が必須なわけではありません。興味があって業界繁栄のために一緒に働いてくれる人がいいですね」。

特に必要な資格や知識はなく、仕事をしながら覚えていければよいとのこと。意欲があれば挑戦しやすい環境が整っているようです。

松本さん「とはいえ、本当は気持ちが熱い人や別府愛の強い人が理想なのです。しかしコンサルティングやマーケティングのお仕事なので、知識があるというよりもWEBに対して勘が鋭い人がいいです」。

竹村「勘..……ですか?」

松本さん「先程話に出た、料理や部屋の写真の撮り方の流行り廃りなどもそうですが、他の企業さんと比較してどういった変化があるか?今はどんなものが主流なのか?何を求められているのか?そういった時代の流れをキャッチして、柔軟に対応するのが大切です。毎日毎日同じような情報に触れていると、自然と今の流れが見えてくるんです。それをすぐつかめる人は勘が鋭い人ですね」。

コンサルティングやマーケティングをしていく上で、気持ちも大切なのですが、流れや変化に敏感に反応していくことが大切だと分かりました。

まとめ

今回お話を伺った『プライムコンセプト』さんでは、別府愛あふれる松本さんの熱い想いがものすごく伝わってきました。時代の流れや変化に対して敏感になり、柔軟に対応していく姿勢もとても素敵です。

また、阿部さんの話を聞いて、働いて初めて気付く責任感があること、学生時代では気付かなかったギャップがたくさんあることが分かり、とても参考になりました!

※1 「旅館求人コム」「ホテル求人コム」「観光求人コム」というサイトで、求人サービスを展開されています
http://prime-concept.co.jp/service/kyujin.php

 

会社データ

取材先:株式会社プライムコンセプト 九州支店
住所:〒874-0909 大分県別府市田の湯3-7 アライアンスタワーZ 8F
TEL:0977-73-5633
http://prime-concept.co.jp/

 


取材&編集&テキスト:竹村 悠(別府大学文学部史学・文化財学科 4回生)

 

※「別府でJOB JOB」に込めた意味

「JOB」は、仕事、職、任務、役目などという意味があります。そして、別府といえば真っ先にイメージするのが温泉。温泉につかると「ジャブジャブ」と音がしますが、別府のワークスタイルを温泉のように学生(若者)に浴びてもらいたい、という意味を込めています。

関連記事一覧